愛知県|名古屋市|中村区|歳末新春特集|
柳橋中央市場 マルナカ食品センター

名古屋駅前で100年以上続く市場!年末は毎年恒例「歳末謝恩大売出し」開催

歳末謝恩大売出し

2023.12/27(水)~31(日)

4:00~12:00頃 ※店舗により異なる
【歳末謝恩大売出しの買い物テク】
日持ちする食材は前半(27・28日)のうちに買い揃え、混雑する後半(30・31日)には、事前に的を絞ったものだけを買いに行く「2段構え」がおすすめ。滑りにくい靴を履き、小銭を用意しておくと便利です。


初売り

2024.1/5(金)

※1/1(月祝)~4(木)は休市

柳橋中央市場マルナカ食品センター
柳橋中央市場の中核的存在「マルナカ食品センター」の様子(©️SAKURA編集部)

「活魚と共に100年」をモットーに、名古屋の人々の生活に根差して発展した柳橋中央市場

名古屋駅すぐ、都心とは思えないほど早朝から元気な声が響き渡る柳橋中央市場。今から100年以上前、明治時代後期に自然発生的に生まれたと言われる民間市場です。名古屋駅前という物流の利便性を活かし、名古屋の人々の生活に根差して発展してきました。現在は広さ約400坪に130店舗ほどがひしめき合っています。一般の人にも開放されているので、いつでも誰でも買い物OK!アフターコロナの今、海外からの観光客にも人気です。

市場内に掲げてあるモットー「活魚と共に100年」に象徴されるように、鮮魚の卸売りを中心に発展してきた柳橋中央市場。昔は“かつぎやさん”が列車に乗り、名古屋まで獲れたてを運んでいたそうです。現在も魚介類を扱う店舗が多く、早朝から魚をさばく勇ましい光景が見られます。知多半島、三河湾、伊勢湾で水揚げされる地元産をはじめ、全国からあらゆる食材が集結。スーパーでは見られない珍しい食材も揃います。

柳橋中央市場マルナカ食品センター
名古屋駅から歩いて約7分、早朝から元気な声が響き渡る(©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
柳橋中央市場のモットーは「活魚と共に100年」(©️SAKURA編集部)

柳橋中央市場の中核的存在「マルナカ食品センター」をSAKURA編集部が直撃!新年の買い物はここからスタート!

約60店舗が軒を連ねるマルナカ食品センターには、鮮魚のほか、塩干物や食肉、野菜・果物、乾物、漬物、珍味、包装資材まであらゆるものが勢揃い。品質も品揃えも随一!食のプロ集団が吟味した“本物”だけが並びます。それぞれのお店を見て回り、産地や品種を見比べながら買うこともできます。

マルナカ食品センターでは2023年も恒例の「歳末謝恩大売出し」を開催!鮮度抜群・品数豊富な“正月食品”がずらりと並びます。お正月こそ食べたい豪華な刺身や新鮮な鍋具材、お節料理に欠かせないだし焼き。少量でも卸売価格で購入できるが嬉しいポイント。今回は、だし巻専門店「右大臣」さんと、鮮魚店「カネコ」さんにおすすめを教えていただきました。

歳末新春こだわり商品をご紹介してくれたのは…

右大臣/猪子さん

その場で一つひとつ丁寧に手焼きする出来立てのだし巻き。お節料理にいかがですか?

歳末謝恩大売出しの開催日は行列必至のだし巻き専門店「右大臣」さん。創業60年以上、原卵にこだわり、市場で育んだ手作りの味わいを追求してきました。職人が一つひとつその場で焼き上げるふわふわのだし巻きは、ほっとするやさしい味わい。甘さの中にだしの旨みが広がります。

★年末価格(小)1本600円(大)1本1,100円
★年末は小5本セット(3,000円)のみ予約可能
052-582-3973

柳橋中央市場マルナカ食品センター
職人が一つひとつその場で焼き上げる(©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
老若男女から愛され続けるだし巻(©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
通常時は1本に玉子4個を使った「玉鵬」も販売(©️SAKURA編集部)

歳末新春こだわり商品をご紹介してくれたのは…

カネコ/磯部さん

冬はマダイ、クロダイ、ヒラメ、フグが美味しい季節ですよ!

地元愛知県の漁港で水揚げされた魚介類を中心に取り揃える「カネコ」さん。冬は脂の乗ったマダイやクロダイ、ヒラメ、フグがおすすめとのこと。新鮮な魚介類を安く変えるのが市場の魅力。一尾まるごとだと量が多い場合は、仲間とシェアしても◎。食べ方に迷ったら、どんな調理方法が美味しいかプロに聞いてみよう。

柳橋中央市場マルナカ食品センター
安くて新鮮!地元愛知産を中心に取り揃える (©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
その日の獲れたてが並ぶ(©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
日によって並ぶ魚介類が異なるので、その日のおすすめを聞いてみよう(©️SAKURA編集部)
SAKURA編集部Megumi.I

朝5時、周辺にある名駅のビル群はまだ静まり返っているのに、柳橋中央市場一帯は多くの人が集まり活気がありました。最近では市場内の飲食店の「市場メシ」も話題。買い物はもちろん、グルメや店主との会話。いろいろな楽しみ方ができますね!

見た目や音、香りで「おいしい」を感じられる柳橋中央市場!通常時は7~8時がおすすめ

さばきたての魚はもちろん、作りたての玉子焼きや店頭で煎ったお茶など、市場をぐるりと回るだけで、見た目や音、香りで「おいしい」を感じられるのが市場の魅力です。シラスの香りが漂うと春が来たなと感じられ、同時に今年は不作だと聞くと何の影響だろうと身近に自然を感じられるきっかけにもなっています。

歳末謝恩大売出しの開催日は毎年多くの人が来場し、混雑します。まずは日頃から通ってみてどんな食材が並んでいるのか確かめてみましょう。何度も通って顔なじみになると、とっておきの情報を教えてもらえるかも。通常時の一般の方の買い物は7~8時がおすすめ。柳橋中央市場に足を運んでみませんか。

柳橋中央市場マルナカ食品センター
その時々の「旬」が続々届く! (©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
品質は料理人のお墨付き。一般の方も卸値価格で購入できるのが嬉しい! (©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
大人気「マグロ」。産地・品種・部位を食べ比べできるのも市場ならでは(©️SAKURA編集部)
柳橋中央市場マルナカ食品センター
鮮魚はもちろん、新鮮な野菜や果物も豊富!(©️SAKURA編集部)
名古屋駅前!全国から「おいしい」が集まる市場
柳橋中央市場 マルナカ食品センター

ヤナギバシチュウオウイチバ マルナカショクヒンセンター

愛知県名古屋市中村区名駅4-15-2
アクセス:名古屋駅から徒歩約7分

052-581-8111
4:00~10:00頃 ※店舗により異なる
日祝、月2~4水曜、1/1~4 ※HPにてご確認ください
有(有料)
http://www.marunaka-center.co.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)


よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

seven + 11 =