愛知県|一宮市|三条宮西|あじさい名所|
御裳神社(みもじんじゃ)

★ 【最新版】愛知名古屋近郊 あじさいの名所★

あじさいが浮かぶ花手水も楽しめる「尾西あじさいまつり」を開催

一宮市尾西あじさいまつり
尾西あじさいまつり開催日にはあじさいの手水舎も見られる(画像提供:一宮市総合政策部広報課)

見頃
■あじさい/6月上旬~6月下旬

【見頃に合わせて開催されるイベント】
尾西あじさいまつり
■日程/2023年6月17日(土)・18日(日)10:00~16:00
あじさいの苗木販売、ライトアップ(両日19:00~21:00)、雅楽(6月17日(土)14:00~)など
■場所/御裳神社

8000株のあじさいが色とりどりに咲く御裳神社(みもじんじゃ)

愛知県一宮市、地元で発展した織物・染色業の守護神である『御裳神社(みもじんじゃ)』。境内には十二単、アナベル、城ヶ崎、隅田の花火など70品種8000株のあじさいが植栽され、初夏には、赤・ピンク・青・紫、白の色とりどりのあじさいが見頃を迎えます。

毎年6月中旬には、尾西あじさいまつりを開催。まつりが開催される2日間はあじさいの手水舎も行われます。色とりどりのあじさいが手水舎に浮かべられ、まるで水面に花が咲いているかのような美しさに。境内には多種多様なあじさいが咲き、いろいろな場所で写真撮影を楽しめます。幸運を呼ぶと話題のハート型あじさいを探してみるのも◎。

御裳神社の尾西あじさいまつり
初夏の風物詩として親しまれる御裳神社のあじさい(画像提供:尾西商工会)
御裳神社の尾西あじさいまつり
70品種8000株が色とりどりに咲き誇る(画像提供:尾西商工会)
御裳神社の尾西あじさいまつり
夜間ライトアップも幻想的でおすすめ
(画像提供:尾西商工会)
繊維のまち一宮の古社
御裳神社

ミモジンジャ

愛知県一宮市三条宮西1145
アクセス:【車】東海北陸自動車道「尾西IC」または「一宮西IC」より約10分 【公共交通機関】一宮駅から名鉄バス「起」行き乗車、「尾西庁舎前」下車徒歩約15分

0586-28-9131(一宮市観光協会)

https://www.138ss.com

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

one × 3 =