愛知県|西尾市|一色町|アート・絶景を巡る秋のフォト旅|
佐久島

★ 【最新版】愛知名古屋近郊 アート・絶景を巡る秋のフォト旅★

愛知県の小さな離島、自然豊かな「佐久島」のアート巡りの旅へ!

「おひるねハウス」南川祐輝
佐久島の海も、まるで額縁で切り取られたような素敵なアートに。どこから撮影しても映える、人気ナンバーワンスポット。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

名古屋市の中心部から直線距離で約50㎞南、愛知県西尾市一色町に属する離島で、三河湾のほぼ真ん中に浮かぶ「佐久島」。透明度の高い美しい海や緑豊かな自然、三河湾で採れる新鮮なエビやタコなど海産物が豊富なエリアです。

そして、近年では若者を中心に“フォトジェニック”なスポットとして人気を集めている「佐久島」のアート。島内に22作品と一色港付近に2作品、合計24作品が展示されており、島のあちらこちらに点在するアート作品を鑑賞できます。大自然に溶け込むアート作品は、どれもアーティストの考えやコンセプトが詰め込まれた斬新かつ独創的な世界観を放ち、季節の移り変わりと共に、さまざまな表情で私たちを楽しませてくれます。

「佐久島」のアートは、1996年から町おこしの一環としてスタート。今では人口約220人(※2022年度統計)の小さな島に、全国から10万人を超える観光客が訪れる人気の観光地となっています。

また、アート作品はすべて無料で楽しめます。全作品を制覇したいという方には、アート作品をスタンプラリーしながら鑑賞できるイベント「アート・ピクニック」がおすすめ。自転車を借りて、佐久島の自然を満喫しながらアート巡りするのもいいですね!それでは、佐久島へ行ったら一度は訪れてみたい、人気のアート作品を紹介していきます。

 フォトポイントはココ!
「佐久島歓迎 地福開円満」松岡徹
場所:西港渡船場
顔出しパネルも、アートと愉快にコラボレーション。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

縁起物アートの顔出し看板がお出迎え!「佐久島歓迎 地福開円満」

佐久島の名物エビやタコのアート、「大和屋観音」、「海神さま」といった人気のアート作品が描かれた顔出し看板。人数に合わせて顔を出したり、閉じたりすることもOK。さらに、縁起のよい鯛を持って記念撮影できる仕様なので、仲間と一緒にテンションの上がる思い出の一枚にいかがでしょうか。

「知識の蜂の巣」長岡勉
場所:島外/ 佐久島ナビステーション
10の異なる空間でわくわく体験!世界最小の複合文化施設。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

未知なる発想の扉を開けよう!小宇宙のような空間「知識の蜂の巣」

ドームの円天井に呼応するように、すり鉢状に作られた迷宮のような空間。こちらには、ギャラリー、海の資料館、ライブラリー、抹茶の産地である西尾市らしい茶室がちりばめられています。ミニチュアの文化施設がいくつも作られた作品の中で、地域の歴史や文化を体験。物見台に上がれば、この作品の全容が明らかに!

自然と一体になれる絶景の癒しスポット!佐久島アートを代表する作品「おひるねハウス」

こちらは、佐久島西港から歩いて15分の石垣(しがけ)に佇むアート作品「おひるねハウス」。沿岸沿いにポツンと現れる黒いキューブのようなアートは、島の西集落にある黒壁をモチーフにして創られています。シンプルな造形の内部は9つの部屋に仕切られており、好きなところに入ってその中で寝そべったり、海を眺めてくつろいだり、潮風や波の音に耳を傾けたりと、その名の通り、お昼寝したくなるような居心地のよさです。

また「おひるねハウス」は、2010年公開の劇場版「名探偵コナン 天空の難破船」のワンシーンに登場!劇中でコナン君と怪盗キッドが遊びに来てくれた場所としても有名になったアート作品です。

「おひるねハウス」南川祐輝
場所:石垣(しがけ)海岸
四季折々の美しい自然とアートが融合する作品。自然体で絵になるフォトジェニックスポット。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

青い空と海に、真っ白な建物のコントラストが眩しいほど輝く「イーストハウス」

先ほど紹介した東側の「おひるねハウス」とは対照的に、真っ白に塗られた箱型のアートが青空に映える「イーストハウス」。階段の横からは、白くまっすぐな長い道が続き、もう一つの白い箱型のアートに繋がっています。この中にはベンチがあり、潮風を浴びながら佐久島の豊かな海や景色を眺められます。

また「イーストハウス」は「おひるねハウス」の対岸にあるので、箱型アートの四角い穴から向こう岸をよく見ると、遠くに「おひるねハウス」が見えてきます。階段を上れば作品の上に立つこともでき、佐久島の絶景が360度パノラマビューで見られます。(※強風の時は危険なので、上がらないでくださいね。)

「イーストハウス」南川祐輝 
場所:大島桟橋ポケットパーク
東地区にある東屋なので、作品名はシンプルに「イーストハウス」。どこまでも続く青い空と海に真っ白なアートが美しく輝く。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

風と共に暮らす佐久島の文化と現代アートが融合「カモメの駐車場」

石を重ねた堤防の上には、ずらりと60羽のカモメが整列しています。このカモメたちは風見鶏のように風により方向が変わり、“風の島”とも呼ばれる佐久島ならではの風情を楽しめます。こちらの地域では、昔から風にはたくさんの呼び名がついており、例えば東風は「こち」、南風は「まぜ」などと呼ばれています。

佐久島で暮らす人たちは風と共存するために、風の向きや強弱を読みながら生活をしてきた様子が伺えます。こちらの作品は、島の文化とアート作品が見事に融合した傑作とも言えるでしょう。

「カモメの駐車場」木村崇人
場所:大浦海水浴場
実はこの作品は、佐久島の風を観測するための装置。可愛いカモメに思わず写真を撮りたくなる癒しスポット。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

アートによるリノベーションの世界へ!森の中に突如現れる王様のイス「ひだまり庵」

佐久島中央部を東西に貫くハイキングロードにある「ひだまり広場」。こちらは古びた「あずまや」とベンチのある小さな公園のリノベーションスポットです。その公園の中でも、一際目立つ存在感を放っている「王様のイス」。インパクトのある個性的なデザインとカラフルなモザイクタイルが、不思議と自然環境と調和して非常にフォトジェニック!

現在でもサスティナブルな取り組みとして、再生&作品化は引き続き行われています。今後も、森の中の小さな公園が少しずつ変わっていく様子が楽しみですね。

「ひだまり庵(王様のイス)」松岡徹
場所:ひだまり広場
ひだまり広場には、至る所にタイルでつくられたイスや建物があり、青を基調としたアート作品は、海の中にいるようなイメージで楽しめる。
(画像提供:西尾市 佐久島振興課)

スタンプラリー「佐久島アートピクニック」
■日程/開催中~2023年3月31日(金)
■内容/佐久島内外に点在する常設展示アート作品24点をたどって、島を巡るスタンプラリー。一色・東・西渡船場と弁天サロンで無料配布しているスタンプシート(地図と解説付き)を持って、自然豊かな風景が広がる佐久島の面白いところや魅力をたくさん発見してみよう!

愛知県・三河湾に浮かぶ自然豊かなアートの島
佐久島

サクシマ

愛知県西尾市一色町佐久島
アクセス:<佐久島行きフェリー乗り場までの経路>【車】知多半島道路「阿久比IC」から一色港まで約40分、一色港にある約1,000台の無料駐車場(一色さかな広場共用)を利用可。【公共交通機関】名鉄「名古屋駅」→「西尾駅」下車、名鉄バス(西尾一色線)→「一色さかな広場・佐久島行船のりば」下車。

0563-72-9607(西尾市 佐久島振興課)
[佐久島行きフェリー料金]毎日7往復の定期便運行 片道大人830円、小人420円
有(無料)※一色港に約1,000台
https://sakushima.com
https://sakushima.com/youtube-2/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Masako.M

SAKURA編集部_Masako.Mです!
日常の中で、楽しさを発掘することが得意です♪
大自然も大都会も、どちらのライフスタイルも好きで、これから両方の楽しみ方をもっと極めていこうと思っています。

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

7 − 2 =