愛知県|瀬戸市|定光寺町|紅葉特集|
定光寺

★ 【最新版】愛知名古屋近郊 日帰り紅葉トリップ★

紅葉・桜の名所として有名な尾張徳川家ゆかりの寺

愛知県瀬戸市の紅葉スポット定光寺
国の重要文化財である本堂「無為殿」に、赤いカエデが映える!
(画像提供:瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

紅葉DATA
■見頃/11月中旬~下旬
■品種・本数/カエデなど約200本

名古屋の奥座敷と呼ばれる景勝地に佇む定光寺。1336年に創建された臨済宗の古刹で、初代尾張藩主・徳川義直公の廟所(源敬公廟)や、国の重要文化財に指定されている本堂「無為殿」を拝観することができます。

廟所 (源敬公廟)は境内の奥にあり、風情ある獅子の門・龍の門をくぐると現れます。全体を銅板葺の塀で囲んだ支那風の建築様式が特徴です。本堂「無為殿」は禅宗様式の建築で、1340年に建立されましたが災害に遭い、1534年に修理再興されました。本尊は延命地蔵願王菩薩。健康と良縁の仏様で、恋愛成就にもご利益があると言われています。静寂な境内を歩くだけで、厳かな歴史を感じられます。

歴史的建造物と紅葉の荘厳なコントラストを楽しめる

フォトポイント

紅葉越しに臨む本堂
展望台からの眺め

定光寺周辺は紅葉と桜の名所として有名で、愛知高原高原公園の一角を占めている周囲の山林とともに、秋は錦に染まる美しい景色を楽しめます。境内では、本堂や境内の各所で鮮やかな紅葉が見られ、歴史的建造物の風格と色鮮やかな紅葉とのコントラストが見事です。

参拝後は、境内から少し上ったところにある展望台へ。秋色に染まる春日井~瀬戸の山々や街並みを一望できます。徳川義直公がここからの眺めを気に入ったことが、この地に廟所を作るきっかけになったとも言われています。

愛知県瀬戸市の紅葉スポット定光寺
紅葉と歴史ある建造物を愛でる
(画像提供:瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)
愛知県瀬戸市の紅葉スポット定光寺
展望台からの眺め
(画像提供:瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)

一年を通して自然豊か!定光寺の麓に広がる定光寺公園

定光寺の麓には定光寺公園が広がります。園内には、広大な芝生広場や六角堂を配した正伝池があり、春の桜や夏の新緑、秋の紅葉など、四季を通じて自然や散策を楽しめます。参拝や展望台の帰り道、暖かい日はお弁当を持ってピクニックもできますよ。

尾張徳川家ゆかりの寺
定光寺

ジョウコウジ

愛知県瀬戸市定光寺町373
アクセス:【車】東海環状道「せと品野IC」より約15分 【公共交通機関】JR中央本線「定光寺駅」より約15分

0561-85-2730(瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会)
9:00~16:30
無休
無料(源敬公廟拝観料100円)
有(無料)
http://www.seto-marutto.info/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

two + 19 =