愛知県|稲沢市|祖父江町|フルーツ狩り特集|
稲沢フルーツ園

★ 【最新版】 ≪6月~8月≫初夏~盛夏のフルーツ狩り★

名古屋近郊で一年中バナナもぎとり体験ができる!珍しいフルーツ狩りスポット

おねだりクーポン特典を見る

稲沢フルーツ園でバナナもぎとり体験
子どもたちが大好きなバナナのもぎとり体験ができる稲沢フルーツ園。青バナナをもぎ取り、お家で追熟させよう!
(画像提供:稲沢フルーツ園)

ピックアップお楽しみ情報

  • 5月~10月は併設カフェで完熟バナナかき氷が登場
  • 毎週土日は皮まで食べられるバナナなどを直売!

愛知県稲沢市にある「稲沢フルーツ園」。バナナやパパイヤ、ブドウ、キウイ、レモン、パッションフルーツ、みかんなど年間を通して約25品目を栽培する農園です。バナナのもぎとり体験をはじめ、さまざまな体験ができるとあって、遠方からも多くの人が訪れます。

葉が生い茂る南国ジャングルのようなハウス内で育てるバナナは、化学肥料・農薬不使用。皮ごと食べられるので、お子さんも安心。青バナナを自分の手でもぎとって、自宅で食べ頃になるまで熟成させよう。土日限定でカフェや直売朝市を開催!夏はバナナかき氷が人気です。

バナナ狩りを楽しめる稲沢フルーツ園
南国ジャングルのように葉が生い茂る稲沢フルーツ園の温室ハウス。(©️SAKURA編集部)
バナナもぎ取り体験ができる稲沢フルーツ園
バナナが登場!?「看板が目印です」とPRする広報担当の佐藤修治さん。
(©️SAKURA編集部)
南国フルーツが実る稲沢フルーツ園
珍しい南国フルーツを観賞できる温室ハウス内。
(画像提供:稲沢フルーツ園)
南国フルーツが実る稲沢フルーツ園
大きなマンゴーも!採れたてフルーツは直売朝市(土日開催)に並ぶ。
(画像提供:稲沢フルーツ園)

高さ2m以上!バナナが葉が生い茂る、稲沢の南国ジャングル

バナナもぎとり体験&ピザ作り体験】
■期間/通年(第2・4日曜のみ) ※8月は開催なし
■時間/10:30~13:30(所要時間3時間)
■料金/大人~小学生3,000円、3歳以上小学生未満1,000円(ピザなし)、3歳未満無料(同伴のみ)
※オプション(ピザ)1枚1,000円
■予約/2日前までに要予約(HPにて)
※直売あり、カフェ併設、雨天開催、最少催行人員2名

愛知県の西端にある稲沢市祖父江町。肥沃な濃尾平野の真ん中にあり、緑豊かで、古くから花き栽培が盛んな地域です。もともと自身が病気を患ったことをきっかけに、健康と食べ物に関心が高かった石田正幸園長。今から約10年前、長年花き栽培で使っていた温室ハウスを利用し、化学肥料・農薬不使用の果樹栽培を始めました。

一年を通して栽培できるものをと考えていたところ、バナナに着目。試しに苗を植えてみると、2年ほどでハウスが南国ジャングルのようになり、人づてに評判が伝わって本格的にバナナ栽培をスタートさせました。

稲沢フルーツ園でバナナもぎ取り体験
たわわに実るバナナの成長を確かめる、稲沢フルーツ園の石田正幸園長。
(©️SAKURA編集部)

ハウス内では、温度管理、水やり、日照時間などを調節して熱帯地域の環境を再現。稲沢フルーツ園では、ハウスの高さに合わせて背丈が低めの「三尺バナナ」という品種を育てています。とはいっても、高いものは背丈2m以上!ジャングルのように生い茂る葉をかき分けて進む気分は、まるで探検家!大人も子どももワクワクしますよ。

バナナが実る木のように見える部分は、じつは巨大な草。バナナの実は1つの草に約200本、大きな葉は40~50枚もあるため、重みで草自体が倒れないように工夫しているとのこと。長年の花き栽培の経験を活かしながら、約2年かけて収穫まで大切に育てています。

バナナのもぎとり体験ができる稲沢フルーツ園
高いものは2m以上にも!傘に出来そうな大きな葉にも注目。
(©️SAKURA編集部)
バナナのもぎとり体験ができる稲沢フルーツ園
なかなか見られないバナナの成長過程。
(©️SAKURA編集部)

化学肥料・農薬不使用!「皮まで食べられるバナナ」にこだわる稲沢フルーツ園

稲沢フルーツ園では「美味しく健康に良いものを」という思いから、化学肥料・農薬不使用のバナナづくりにこだわっています。収穫後、切り倒したあとのバナナや周辺に生えている草を根元に置いて、土の中の微生物の力で循環させ、できる限り自然に近い状態で栽培できるよう心がけています。根元に置いた葉をめくると、そこはダンゴムシやワラジムシの棲み処。農園に遊びに来た子どもたちは大興奮!生態系を学ぶ機会にもなっています。

もぎとり体験では、専用のノコギリを使い、まだ青い状態のバナナを1本もぎとります。お家に持ち帰り、熟していく様子を観察して、味わってもらうことを大切にしています。これは「特に子どもたちに、バナナがどのように育つか、どんな変化をするか、香りや感触、さまざまな気づきに繋がれば」という園長の思いから。もぎ取り体験に参加すると、バナナについてはもちろん、ハウス内の他のフルーツについて、さまざななトークを聞けますよ。

バナナもぎ取り体験ができる稲沢フルーツ園
切り口から溢れ出る水分は新鮮な証拠!
(©️SAKURA編集部)
バナナもぎ取り体験ができる稲沢フルーツ園
皮ごと切って食べられる稲沢フルーツ園のバナナ。
(©️SAKURA編集部)

もぎとり体験の後は、稲沢フルーツ園のバナナを使ってフルーツピザ作り!

ハウスから戻ってきたら、カフェスペースでピザ作り体験。北海道産の小麦を使用した生地を一から自分たちの手で作ります。もちろん添加物は不使用。トッピングには、農園で採れたバナナをはじめ、レモンや金柑、パッションフルーツなどを使います(バナナピザは1組1枚)。バナナとチーズは相性抜群!皮ごとトッピングして、石窯で焼く前と焼いた後の変化も楽しみましょう。

稲沢フルーツ園で手づくりピザ体験
稲沢フルーツ園のフルーツを使ってピザ作り!
(画像提供:稲沢フルーツ園)
ピザ作り体験ができる稲沢フルーツ園
窯焼きで本格的!ランチタイムにぴったり。
(画像提供:稲沢フルーツ園)

併設カフェ「ばななんぼう」では、夏季限定かき氷がスタート&直売朝市も開催

毎週土日にオープンする併設カフェ「ばななんぼう」。5月~10月は稲沢フルーツ園で採れたフルーツなどを使ったかき氷が登場。「バナナかき氷」は、自家製バナナシロップとバナナピューレに、生バナナをトッピングした、まさにバナナ尽くしの一杯。ねっとりと甘い濃厚ソースが、氷に絡み、他ではなかなか食べられない味わいです。

「パッションかき氷」は、甘酸っぱくて暑い夏にぴったりなかき氷。タネのプチプチした食感と南国リゾート気分を満喫できる爽やかな果肉ソースが最高!まさに‟フルーツを味わう”かき氷。もぎとり体験に参加の方はもちろん、カフェのみの利用もできます。

毎週土日は、直売朝市を開催しています。農園で採れたバナナや季節のフルーツが並び、中には珍しいフルーツも。さらに第1日曜は、他のショップも参加する「美稲(ヴィーナ)マルシェ」を開催。‟食べる・見る・作るを通して体も心の美しく”をモットーに、さまざまなアイテムが並びます。もぎとり体験やピザ作り、かき氷、直売朝市など内容が盛りだくさんの稲沢フルーツ園。家族で出かけてみませんか。

稲沢フルーツ園のフルーツかき氷

■【毎週土日開催】5月~10月のかき氷メニュー

  • バナナかき氷…………880円
  • パッションかき氷……880円
  • イチゴかき氷…………880円
  • 桃かき氷(7月のみ) 680円
  • ミックスベリー(イチゴ・ブルーベリー)…980円
  • トリプルスノー(ブルーベリー)……………580円
稲沢フルーツ園にはかき氷を味わえるカフェ併設
バナナかき氷 880円
ねっとりと甘い自家製濃厚バナナソースのかき氷!
(画像提供:稲沢フルーツ園)
かき氷を楽しめる稲沢フルーツ園
パッションかき氷 880円
爽やかな味わいとプチプチ食感がたまらない!
(画像提供:稲沢フルーツ園)
バナナもぎ取り体験ができる稲沢フルーツ園
その時々のフルーツが並ぶ直売朝市は毎週土日9:00~16:00に開催! (画像提供:稲沢フルーツ園)

【バナナもぎとり体験&かき氷】
夏季限定の体験コース!バナナのもぎ取り体験の後、併設カフェ「ばななんぼう」にてかき氷を楽しめます。
■期間/通年(第2・4日曜のみ) 
■時間/10:30~12:15(所要時間約1時間45分)
■料金/大人~3歳2,000円、3歳未満無料(同伴のみ)
■予約/2日前までに要予約(HPにて)
※雨天開催、最少催行人員2名

【Web特典】店舗オーナーが大盤振舞い

★編集部から取材先へのおねだりクーポン


直売朝市・カフェご利用の方

お会計より

5%OFF

利用条件:
1会計で1回使用可
他券・他サービス併用不可

提示方法:会計時

有効期限:
2022年11月30日

カフェ併設の稲沢フルーツ園
併設カフェ「ばななんぼう」では夏はかき氷を楽しめる!
(©️SAKURA編集部)

稲沢フルーツ園

イナザワフルーツエン

愛知名古屋SAKURA MediaJapan クーポン

稲沢の農園でバナナ収穫体験
稲沢フルーツ園

イナザワフルーツエン

愛知県稲沢市祖父江町祖父江南方26

アクセス:【車】東海北陸自動車道「一宮西IC」より約20分

0587-97-3055
直売朝市(毎週土日)9:00~16:00、カフェばななんぼう(毎週土日)9:30頃~16:00
不定休(体験は予約制です)
有(無料)
https://inazawafruits.jimdofree.com/
@inazawafruitsen

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

1 × two =