愛知県|常滑市|奥栄町|アート・絶景を巡る秋のフォト旅|
INAXライブミュージアム

★ 【最新版】愛知名古屋近郊 アート・絶景を巡る秋のフォト旅★

【世界のタイル博物館】時代を超えて感動を呼び起こす!装飾タイルの美しいアート競演

イナックスライブミュージアム
「イスラーム建築のドーム天井」
場所:世界のタイル博物館
「世界のタイル博物館」は、タイル研究家の山本正之氏が収集した、約6000点にも及ぶ世界中のタイルコレクションが集結。
(画像提供:INAXライブミュージアム)

日本六古窯の中でも、最も古い歴史のある街で、INAXブランドの創業の地でもある愛知県常滑市。株式会社LIXILが運営する、INAXライブミュージアムは「窯のある広場・資料館」、「世界のタイル博物館」、「陶楽工房」、「土・どろんこ館」、「ものづくり工房」、「建築陶器のはじまり館」の6つの施設を展開しています。さまざまな展示や体験教室を通じて、土とやきものの歴史や文化、美しさと楽しさで感動できる“ものづくりの心”を伝えている体験型ミュージアムです。

 フォトポイントはココ!
イナックスライブミュージアム
「イスラーム建築のドーム天井」
場所:世界のタイル博物館
一番の見どころは、イスラームのタイルが張られたドーム状の天井。
(画像提供:INAXライブミュージアム)

ここは装飾タイルの宝庫!世界のタイルの魅力と歴史を発掘

紀元前から近代まで、7000点を超える装飾タイルを収蔵し、選りすぐって展示。各時代の代表的なタイル空間を再現しています。人類を魅了したタイルの美しさと、先人たちの熱き装飾の心を感じる感動の一枚をどうぞ。

イナックスライブミュージアム
「窯プロジェクションマッピング」
場所:窯のある広場・資料館
最新技術を駆使した圧巻の映像。大迫力の炎は臨場感たっぷり!
(画像:INAXライブミュージアム公式HPより)

大正時代の大きな窯は大迫力!臨場感いっぱいのプロジェクションマッピング

101年前につくられ、土管を焼いた大正時代の窯や建物、煙突を保存公開。煉瓦造(れんがづくり)の大きな窯の中いっぱいに映し出されるプロジェクションマッピングで、窯焚きの様子を臨場感いっぱいに体感しながら写真を撮影できます。

「トンネル窯」
場所:窯のある広場・資料館
部分移築したトンネル窯の外観。
(画像:INAXライブミュージアム公式HPより)

トンネル状の部屋の中を、台車に積まれたタイルが移動するトンネル窯

INAX(当時)の工場で2005年まで現役で活躍していた全長80mのトンネル窯の一部を移築し、16mのトンネル窯に復元しています。煉瓦造の外観や窯内部は人気のフォトスポットです。

世界中から集めた装飾タイルの宝石箱!人類を魅了した壮大な装飾タイル空間を再現

タイルの魅力と発展の歴史を紹介する「世界のタイル博物館」1F常設展示室では、5500年前から現代までの代表的な6つの装飾タイル空間を臨場感いっぱいに再現しています。

5500年前のメソポタミアのクレイペグをはじめ、4650年前の世界最古のエジプトタイル、イスラーム建築のドーム天井のような青を基調とした幾何学模様のタイルなど、世界中のどの博物館でも体験できない美しい装飾タイルの空間と、先人の熱き装飾の魂を体感できます。

「イスラーム建築のドーム天井 」
場所:世界のタイル博物館
日の光をイメージした中央の照明で、朝から夜の時間帯によってタイルの見え方も変化。緻密なタイルの組み合わせは、異彩を放つ美しさ。
(画像提供:INAXライブミュージアム)
「メソポタミアのクレイペグ」
場所:世界のタイル博物館
「クレイペグ」と呼ばれる円錐形(えんすいけい)粘土を土壁に差し込み、表面に色を付け、幾何学模様を表現。
( 画像提供:INAXライブミュージアム)
「メソポタミアのクレイペグ」
場所:世界のタイル博物館
クレイペグは装飾壁の原点と言われている。
(画像提供:INAXライブミュージアム)

大正時代の大きな窯を再現!大迫力のプロジェクションマッピングも見どころ!

「窯のある広場・資料館」は、2019年10月、3年に及ぶ保全工事を経てリニューアルオープン!土管を焼いた大正時代の窯と建物、煙突を保存し公開。煉瓦造りの窯は大迫力の大きさで、太い梁と柱を用いた小屋組みは圧巻!当時の土管を焼いていた窯焚き作業の様子を、臨場感いっぱいに再現したプロジェクションマッピングも見どころの一つです。

イナックスライブミュージアム
「窯プロジェクションマッピング 」
場所:窯のある広場・資料館
本物の窯を使って、プロジェクションマッピングでリアルに窯の火を再現。こちらの施設の煙突・窯・建物は、国の登録有形文化財に指定されている。
(画像:INAXライブミュージアム公式HPより)

タイル名称統一百周年記念 「蔵出し!昭和のタイル再発見」
■開催日時/2022年9月15日(木)~10月4日(火)
■会場/INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」企画展示室
■休館日/水曜 (祝日の場合は開館)
■観覧料/共通入館料にて観覧可
■内容/タイルメーカーとしても名の知れた株式会社LIXILが、タイルの歴史を掘り起こす!
倉庫の中でお蔵入りしかけていた素敵なタイル見本や製品型録を、ざっくばらんに陳列し、再び光を当てて、皆さまに愛でていただく企画を開催。時代の流行を映した懐かしいタイル見本など数多く展示。古くて、新しい、タイルの魅力と可能性に出会えるチャンスです。

光るどろだんごづくり 秋のテーマ 「秋の風景」
■開催日時/2022年9月1日(木)~11月29日(火)
■会場/INAXライブミュージアム「土・どろんこ館」
■休館日/水曜(祝日の場合は開館)
■体験時間/60分間 
■開始時刻/・10時~ ・13時~ ・15時~ ※要予約、スケジュール詳細は、公式HPの予約画面をご確認ください。
■体験料金/900円/個 (※入館料別途)
■内容/光るどろだんごづくり 秋のテーマ 「秋の風景」は、限定色・照柿色+基本5色(黒・赤・ベージュ・水色・緑)。限定色の「照柿色(てりがきいろ)」は、濃い深いだいだい色。熟れた柿やかぼちゃなどの果菜類や、木々の紅葉を思わせます。また印象的なこの色は、秋の夕日を感じさせる趣も。さて、皆さんが思い浮かべる秋は、どのような風景なのでしょうか。

土とやきものが織りなす多様な世界を体験
INAXライブミュージアム

イナックスライブミュージアム

愛知県常滑市奥栄町1-130
アクセス:【公共交通機関】名鉄「名古屋駅」から「常滑駅」または「中部国際空港」より知多バスに乗り換え→「INAXライブミュージアム前」バス停下車徒歩2分。【車】知多横断道路「常滑IC」より約7分、知多半島道路「半田IC」より約15分。

0569-34-8282
10:00~17:00(最終入館16:30)
水曜(祝日の場合は開館)、年末年始
一般700円、高・大学生500円、小・中学生250円
有(無料)
https://livingculture.lixil.com/ilm/
https://www.youtube.com/watch?v=frq1RE3BaPM

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Masako.M

SAKURA編集部_Masako.Mです!
日常の中で、楽しさを発掘することが得意です♪
大自然も大都会も、どちらのライフスタイルも好きで、これから両方の楽しみ方をもっと極めていこうと思っています。

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

seventeen − thirteen =