愛知県|旬の食材|ほうれんそう|冬においしい緑黄色野菜の代表格

旬の“おいしい”をレポート!
☆2月の食材☆

ほうれんそう

取材産地/東海市

起源は西アジア地域。今ではさまざまな品種が生まれ、それぞれの姿形や味を楽しませてくれる。鉄分やビタミンCを多く含み、中でも冬のほうれんそうは夏のものの約3倍のビタミンCを含むと言われている。

愛知県稲沢市のほうれんそう
©️SAKURA編集部
愛知県稲沢市/ほうれんそう

愛知県稲沢市はほうれんそうの一大産地!約8ヶ月にわたって出荷

冬になると、生い茂るほうれんそう畑が広がる稲沢市。日本の伝統野菜の一つ、東洋種と西洋種を交配させた「次郎丸ほうれんそう」の発祥の地であり、古くから栽培が盛んです。スーパーに行けば一年中手に入りますが、旬は秋から冬。寒さや霜にあたると、植物自身が凍結しないように糖分を蓄えるため、冬のほうれんそうは甘くておいしくなります。


JA愛知西管内では、収穫時期をずらしながら、9月中旬から5月中旬にかけて長期間出荷しています。生産者の島田幹雄さんは、以前ナスを育てていたハウスを活用し、露地と合わせて栽培しています。大切にしているのは土づくり。有機堆肥を使って畑の地力を上げることで、病気に負けない栽培に取り組んでいます。


「ナスは果実の様子を見ながらある程度対処できるけど、ほうれんそうは葉そのものだから、病気になってしまったら全滅する可能性もある。出来具合は土づくりで8割決まると思っています」。水はけがよい栄養のある土にしっかりと根を張らせて、青々と大きく育てています。


近年、ほうれんそうは多種多様な品種が生まれています。島田さんの畑では、発芽率が良いもの、軸がしっかりしているものなど、試験的な栽培も含めて8品種を採用。それぞれの特徴を見出して、自分の畑に合ったものを取り入れていきたいと話します。「少しでも良いものを消費者に届けられるように」という思いのもと、約40名からなる部会でも品質を厳しくチェック。歴史ある産地を守っています。

今年は例年より早く寒波が来たため、成長はゆっくりですが、その分じっくりと時間をかけて甘く育っているとのこと。定番のお浸しで、その美味しさを味わってみませんか。

©SAKURA編集部
種を蒔くタイミングや品種を変えて収穫時期をずらしながら、約8ヶ月にわたって長期間出荷。ハウスでは1シーズン3回~3回半のサイクルで育てている。
©SAKURA編集部
葉がピンと張り、軸がしっかりとした立派なほうれんそう。
©SAKURA編集部
手作業で丁寧に収穫。収穫後は自宅の作業場にて、根を切り揃えて袋詰め。
©SAKURA編集部
雨漏りによる泥はねを防ぐために置かれた絨毯の切れ端。細やかな気配りは、おいしいものを作りたいという島田さんの思いの表れ。
©SAKURA編集部
冬の寒さでより甘く育つ露地もの。JA愛知西管内では露地栽培がメイン。
©SAKURA編集部

おいしいほうれんそうの見分け方

●表も裏も葉の緑色が濃くて鮮やかなもの
●葉に張りがあり、しなびていないもの
●葉の下の方から密集して生えているもの
●切り口がみずみずしいもの
●根元がピンク色のもの

©SAKURA編集部

生産者紹介

JA愛知西 稲沢市ほうれんそう部会
島田幹雄 さん

農業をはじめて約50年。以前はナスを栽培されていましたが、自身の大病をきっかけに、軽量で作りやすいほうれんそうへ転向。マヨネーズに少量の醤油を加えたものに、茹でたほうれんそうをつけて食べるのがお好きとのこと。「大きな病気だったから、今また農業をやっていると話すと驚かれます。でも、農業ができる幸せを感じています」と笑顔で話す。

取材協力/JA愛知西、JAあいち経済連

※掲載の情報は2022年2月配信時のものです。掲載時と内容が異なる場合がございますので、詳細は直接お問合せください。

当情報のアップデートや修正依頼はこちらから


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

4 × two =