愛知県|名古屋市|中区|大須古着特集|
ZIPANG(ジパング)

日本産にこだわったヴィンテージ古着&アンティーク着物リメイク

ヴィンテージ古着 レギュラー古着 アクセサリー・雑貨

大須の古着屋zipangジパング
右手前のマネキンが纏うワンピースは着物リメイクのもの。60’sヴィンテージのダブルボタンボレロ合わせてクラシカルに
(©️SAKURA編集部)

■取扱い/レディース
■価格帯/平均5,000円~6,000円

大須観音の南側、仁王門通を入ってすぐのところにある古着屋「ZIPANG(ジパング)」。店名のイメージ通り、日本産の古着を中心に取り扱っています。珍しい1950年代のヴィンテージ古着から、80・90年代のレギュラー古着まで幅広く、状態がとても良いものばかりが揃います。

今でこそ古着が大須の代名詞となっていますが、ZIPANGがオープンした平成元年は、大須に古着屋は数えるほどしかありませんでした。大須の古着屋の先駆けとも言えるZIPANG。昭和レトロならではのパターンやカラー、色あわせ。オーナーのセンスを感じられるセレクトで、開店当初からの常連さんをはじめ、20代~60代の大人女性に支持されています。

ZIPANGでは、ヴィンテージ古着と最近の古着のミックスコーデや、古着と新品のミックスコーデなどを提案。もちろん古着単独でのコーディネイトもおすすめですが、最近のアイテムをうまく取り入れることで、古着を使った今風の”大人かわいい”着こなしができると言います。公式インスタグラム(@hanabi1997)では、お客さんのコーデを多数紹介。参考にできますよ。

大須の古着屋zipangジパング
店内は雑貨屋さんやセレクトショップのような雰囲気
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
赤い屋根は店長ご自身が塗り、看板は店長の姉であるオーナーの手作り
(©️SAKURA編集部)

アンティーク着物をリメイク!「今」着られるワンピースやスカートに

ZIPANGと言えば、アンティーク着物を使った着物リメイクもおすすめ。10年ほど前に、店長ハットリさんが始めた着物リメイク。アンティーク着物が、クラシカルなワンピースやスカートになり、「今」活用できるアイテムに生まれ変わっています。

ZIPANGの着物リメイクは着やすさにこだわっています。オリジナルワンピースは、ふんわりと女性らしさを演出しながら体型カバーもしてくれるミモレ丈のフレアスカート。被るタイプで着やすく、襟元には白シフォンフリルで大人可愛い印象に。共布のリボンベルトが華やかさをプラスし、高めの切り替え部分で結べばフォーマルにも◎。秋冬はボレロを羽織って通年使えます。お手入れしやすく、「着物」であったことを忘れてしまうほどの上品さです。

アンティーク着物の魅力の一つは、生地の質が良いこと。さらに、職人が一点ずつ丁寧に織った生地は、経年していく中で馴染み、洋装にはない特有の風合いが増していきます。ZIPANGでは着物を持ち込んでワンピースやスカートを作るオーダーメイドも可能。箪笥に眠る古い着物を「今」活用できるものにリメイクする、古着にはこんな楽しみ方もあります。

大須の古着屋zipangジパング
着物リメイクのオリジナルワンピース(9350円)は、可愛く体型カバーしてくれる優れもの
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
襟元のさりげない白シフォンフリルがポイント
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
ボリュームがある古着リメイクのスカート。普段着にもパーティーにも!
(©️SAKURA編集部)

■ZIPANGの古着PICK UP

50’s ~80’s のシックなヴィンテージワンピースや、ヴィンテージブラウスなど、大人可愛いアイテムが豊富なZIPANG。古着ならではの個性的な柄やシルエットですが、大人女性が合わせやすいものをセレクトしています。古着のミックスコーデで楽しんでみては。

大須の古着屋zipangジパング
(©️SAKURA編集部)

着物リメイクワンピース

ZIPANGオリジナルのワンピース。 共布のリボンベルトが華やかさとフェミニンさをプラス。

大須の古着屋zipangジパング
(©️SAKURA編集部)

ヴィンテージワンピース

70’sヴィンテージウールワンピース。着心地、肌触りともに抜群。1枚でも、ジャケットを羽織っても◎。

大須の古着屋zipangジパング
(©️SAKURA編集部)

ヴィンテージブラウス

80’sヴィンテージポリブラウス。スカラップ衿と、フロント部分のボックスプリーツが可愛い一着。

希少な国産ビーズバッグや昭和レトロを感じるアクセサリーも!

バッグやアクセサリー、帽子などの小物も、国産を中心にセレクト。総刺繍のビーズバッグは、今では職人の数が減り希少なアイテムになっているそう。海外製品のタッチとは異なる、日本独特の風合いが、古着コーデのアクセントになります。

大ぶりイヤリングやボタン、レース、着物の端切れ、食器など、店内に溢れる昭和レトロ感。雑貨屋さん感覚で訪れるのもおすすめ。オーナー&店長の姉妹(時々お母様)が営むアットホームな雰囲気で、楽しく買い物できるはずです。

大須の古着屋zipangジパング
今では希少となっている総刺繍のビーズバッグ
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
エレガントなクラッチバッグも
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
ノスタルジックな昭和レトロな感が人気の国産食器
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
アクセサリーやヘア小物もあるので、全身コーディネイトが可能
(©️SAKURA編集部)

その場でお直しOK!気に入った古着を自分流に着こなそう

「自分だけのオリジナルコーデができるのが古着の良さ。今は大量生産の都合上、型にはまったものが多いですが、昔は今よりももっと自由で個性的、サイズもいろいろ。今とは違う製法や柄、生地の質感を感じてもらえれば」と、ハットリさん。

1点ものであるがゆえに「デザインは気に入っても、サイズが合わなかったら…」という心配も。ZIPANGでは、簡単なお直しであればその場で対応してもらえます。少し時間がかかるものでもお預かりで対応。ボタンを替えたい、レースを付けたいなどの相談もOK。もちろん直せないものもありますが、気になるアイテムを見つけたら一度相談してみては。入荷はほぼ毎週。古着のさまざまな楽しみ方を提案してくれます。

大須の古着屋zipangジパング
ミシンを使って古着のリメイクや丈詰めなどを行う、店長のハットリさん
(©️SAKURA編集部)
大須の古着屋zipangジパング
柄や質感、着心地にこだわってセレクトした国産古着
(©️SAKURA編集部)
国産のヴィンテージ古着・着物リメイク
ZIPANG

ジパング

愛知県名古屋市中区大須2丁目26-8
アクセス:地下鉄「大須観音駅」2番出口から徒歩3分

052-231-7050
12:00~19:00
不定休

@zipang_style
@hanabi1997
@hanabi1997kimonoremake

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)


よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

13 + one =