愛知県|田原市|堀切町|フルーツ狩り特集|
小川農園

★ 【最新版】≪6月~8月≫初夏~盛夏のフルーツ狩り★

気分はまるでバリ島ジャングル探検!夏を満喫できる“トロピカルフルーツ”の宝庫

おねだりクーポン特典を見る

ジャングル植物園の収穫体験
まるでバリ島のジャングルにいるような園内で、プチリゾート気分を満喫!夏が旬のトロピカルフルーツ狩りを楽しめます。
(画像提供:小川農園)

ピックアップお楽しみ情報

  • タマリンドジュースなど珍しい南国ドリンクが楽しめる
  • スタンプラリーをクリアすると「フルーツのシロップ漬け」をゲットできる
  • インドネシア・バリ島の伝統衣装体験が人気。バリ風ロケーションで写真撮り放題!

愛知県田原市にある、トロピカルフルーツのジャングル探検植物園「小川農園」。“ジャングルへ迷い込んだみたい!”そんな気分を味わえるような園内は、神々が住む島、インドネシア・バリ島のジャングルをイメージして作られています。園内に一歩踏み込めば、南国ムード満点!バリの神様や、遺跡、寺院などを模したバリ島のロケーションスポットが至る所に点在しており、インスタ映え間違いなしの写真が撮り放題!園内では、さまざまな熱帯植物が鑑賞でき、子どもから植物マニアまで楽しめる仕掛けがいっぱいあります!

また、田原市といえば渥美半島に位置しており、豊かな自然と温暖な特性に恵まれた風土で、農産業も盛んな町。田原市の「小川農園」では、2つの大きな温室内で約80種類以上のトロピカルフルーツを栽培しています。日本では、めったにお目にかかれない熱帯フルーツですが、ちょうど夏に旬を迎えるフルーツの品種がとても多く、この時期は、青々と生い茂っている果樹に、フレッシュな甘いフルーツの実がゴロゴロとなっています。

季節によって、いちご、メロン、マンゴー、パパイアなどの人気フルーツから、珍しいジャボチカバやピタンガなどの収穫体験もできるので、フルーツ好きなら何度でも訪れたくなる場所です。また、夜にライトアップされるナイトツアーも大好評!色とりどりの優しい灯りやランプに照らされた園内は、エキゾチックな香りに包まれて南国情緒たっぷり!幻想的な夜の南国リゾート気分を味わえます。

昼のパッションフルーツ
南国ムードたっぷりの昼のジャングルの様子。パッションフルーツの迷路の入り口。
(画像提供:小川農園)
エントランス
エントランスでは、バリ島の神様を模して作られた石像や手彫りの彫刻がずらりと並び、お客様をお出迎え。( 画像提供:小川農園)
夏のパッションフルーツ
季節によってパパイア、ジャボチカバ、ホワイトサポテ、パッションフルーツ、ピタンガなどのフルーツ狩りを楽しめます。( 画像提供:小川農園)

フルーツ狩りができるバリ風植物園。ジャングル探検に出かけよう!

ジャングル探検コース】
■期間/ライチ(7月下旬~8月)、マンゴー(8月~9月)、パパイア・ジャボチカバ(6月~9月)
■時間/①10:00~ ②13:00~ ③15:00~ ④19:00~
■休み/特別休園日あり
■料金/[入園のみ]大人(20歳以上)700円、小人(19歳以下)500円、未就学児無料、トロピカルジュース付き+300円 ※収穫体験は別途(試食はできません)
■予約/要予約(電話にて)
■その他/雨天営業

田原市の「小川農園」は、約80種類以上のトロピカルフルーツを栽培しています。温室内はインドネシア・バリ島の山奥のジャングルに迷い込んだ感覚で、熱帯植物の鑑賞やフルーツ狩りが楽しめる探検コース!まずは、バリ島の寺院をイメージした神秘的な場所からスタート!迷路のようになっているジャングル内を、スタンプラリーを集めながら探検します。(※スタンプラリーを達成すると、フルーツのシロップ漬けがもらえます。)

そして気になるフルーツがあったら、その場で収穫するのがポイント!探検しながら食べる“もぎたてフルーツ”は、格別な美味しさです!(※収穫体験は料金別途)【この時期、収穫できるおすすめフルーツ:ライチ(7月下旬~8月)、マンゴー(8月~9月)パパイア、ジャボチカバ(6月~9月)】。またサワーソップやマンゴスチンなど、本場トロピカルドリンクのメニューも充実!南国の美味しさを丸ごと飲み干せます!

ジャポチカバ
「ジャポチカバ」(6月~9月)は、ブラジル南部原産のフルーツの木。枝先ではなく幹や太い枝になり、巨峰などのブドウに似た形、色、味をしています。(画像提供:小川農園)
「ライチ」(7月下旬~8月)は、原産地の中国でとても愛されている果樹で、硬い皮をむくと、プルンとなめらかな半透明白色のみずみずしい果肉が現れます。(画像提供:小川農園)

この夏、夜の南国ムードに癒される「ナイトジャングル探検ツアー」が面白い!

この夏、絶対におすすめしたいのが、昼間とは違った夜の南国ムードに包まれる「ナイトジャングル探検ツアー」。田原市の「小川農園」では、夜になると園内をライトアップし、夜のジャングル探検ツアーが始まります。夜にしか見られない熱帯植物の様子や、幻想的なライトアップ、さらにお香の香りやバリ風の音色がより一層、南国リゾート気分を盛り上げてくれます。営業時間は10時~22時までとロングスパン。夕食後や仕事が終わった後に、気軽にジャングル探検に行ってみよう!

南国情緒あふれるムードにどっぷり浸れる、夜のジャングル植物園。<金運アップの壺ゾーン>
( 画像提供:小川農園)
民族楽器
バリ島の心地よい音色に包まれる空間。<民族楽器体験ゾーン>
(画像提供:小川農園)
夜のジャングル遺跡ゾーン
リアルにバリ島へプチ旅行した気分を味わえる。<遺跡ゾーン>
( 画像提供:小川農園)
体験者voice

ココは本当はバリ島ではないか?!と目を疑うほど、園内どこを見ても南国ムードたっぷり!実際にバリ島のジャングルへ旅行した気分になれます。トロピカルフルーツのドリンクは最高に美味しかったです。

日本にいながらリアルに、インドネシア・バリ島体験が楽しめる非日常空間へ

田原市の「小川農園」では、バリ島の民族衣装体験も人気です!バリ舞踊の冠やきらびやかな民族衣装を身につけて、バリ風ロケーションで写真撮影ができます。また園内は、バリ島へプチ旅行した気分を味わっていただけるように、伝統工芸品の展示物が所々で鑑賞できたり、バリ島の木彫り人形や置物など現地のお土産も購入できます。

また、7月には「足湯」がスタート!(伊良子温泉)。ビーチの帰りや、ドライブ疲れを癒しに行くのもおすすめ!夏のレジャーにぴったりな「ジャングル探検植物園」は、家族のドライブツアーやカップルデートで気軽に立ち寄れる穴場スポットとして人気です。

売店
園内ではお土産やプレゼントにピッタリな、バリ島の木彫り人形や置物が購入できます。<売店>
(画像提供:小川農園)

【Web特典】店舗オーナーが大盤振舞い

★編集部から取材先へのおねだりクーポン


当植物園をご利用される方全員

ジャングル探検コース

入園料50円OFF

利用条件:
1組全員利用可
他券・他サービス併用不可

提示方法:受付時

有効期限:
2022年11月30日

パッションフルーツの迷路の入り口もジャングルみたい。
南国ムードたっぷりの昼のジャングルの様子。パッションフルーツの迷路の入り口。

小川農園

オガワノウエン

愛知名古屋SAKURA MediaJapan クーポン

トロピカルフルーツのジャングル探検植物園
小川農園

オガワノウエン

愛知県田原市堀切町夕ノ田60

アクセス:豊橋バイパス「豊橋港IC」より約50分

090-2262-7154
①10:00~ ②13:00~ ③15:00~ ④19:00~
特別休園日あり
有(無料)
https://tropical-tahara.com/page03.aspx

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Masako.M

SAKURA編集部_Masako.Mです!
日常の中で、楽しさを発掘することが得意です♪
大自然も大都会も、どちらのライフスタイルも好きで、これから両方の楽しみ方をもっと極めていこうと思っています。

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

18 + twelve =