愛知県|名古屋市|港区|テーマパーク
レゴランド®・ジャパン

★ 【最新版】大人も楽しめる!子連れテーマパーク★

レゴ®ブロックの世界観を楽しめる屋外型ファミリーテーマパーク

大人も楽しめる!注目ポイント
①ミュージアム感覚で散策♪レゴ®ブロックで観光名所を表現した「ミニランド」エリア
②レゴ®ブロックがどのように作られているか工場見学しながら学べるアトラクション「レゴファクトリーツアー」
③SNS映え抜群!おいしい&かわいいグルメを食べ歩き

愛知名古屋の人気テーマパーク
画像提供:レゴランド®・ジャパン©2022 The LEGO Group.
愛知名古屋の人気テーマパーク「レゴランド®・ジャパン」

2歳~12歳のキッズとその家族がレゴ®ブロックの世界観を思いっきり楽しめるテーマパーク「レゴランド®・ジャパン」。約1,700万個のレゴ®ブロックと約1万個ものレゴ®モデルがひしめくパーク内で、乗り物に乗ったり、レゴ®ブロックで作品を作ったり、 レゴ®ブロックに触れたり、家族で思いっきり遊びながら一日過ごせます。テーマの異なる8つのエリアには、40種類以上の冒険型アトラクションや参加型ショー、4Dシネマなどがあり、ワクワクドキドキ!「レゴランド®・ジャパン・ホテル」と「シーライフ名古屋」も隣接した一大ファミリーリゾートは、今春、開業5周年を迎え、レゴ®ブロックやレゴ®ドッツの魅力に浸れる体験施設「レインボー・デザイン・スタジオ」が新たに誕生しました。

初夏~夏も「レゴランド®・ジャパン」へ!パーク内でのおすすめの過ごし方

仕掛けいっぱい!見ごたえ抜群!アート感覚で見学できる【ミニランド】

天気が良くて過ごしやすい5月は、日本各地の観光名所がレゴ®ブロックで表現されたミニランドエリアをゆったり散策するのがおすすめです。日本国内の有名な都市や名所を一度に見て周れるのはここだけ。使われているレゴ®ブロックはなんと約1,000万個!人の背丈ほどのオブジェや、音が鳴ったり動いたりする仕掛けがたっぷりで、大人も子どもも楽しめます。今なら、5周年アニバーサリーのオブジェが見つけられるかも!?

レゴランド内のミニランドエリア
画像提供:レゴランド®・ジャパン
日本の観光名所が表現された「ミニランド」エリアを散策
名古屋のレーマパークレゴランドのミランドエリア
画像提供:レゴランド®・ジャパン
雷門も行き交う人の様子も表現

梅雨の時期は【サブマリンアドベンチャー】や【ワークショップ】を体験しよう

梅雨の時期は、雨でも楽しめる屋内施設がおすすめです。潜水艦に乗り込み、窓から本物の魚を楽しめる「サブマリン・アドベンチャー」や、小さなお子さん向けプレイエリア「デュプロ・プレイ」、レゴ®ブロックを使って遊びながら学べる「クリエイティブ・ワークショップ」など、雨でも思う存分、レゴ®ブロックの世界観を満喫できます。

レゴランドジャパンの人気アトラクション
画像提供:レゴランド®・ジャパン
潜水艦体験「サブマリン・アドベンチャー」
レゴランドでワークショップ体験
画像提供:レゴランド®・ジャパン
作って遊ぶ「クリエイティブ・ワークショップ」
体験者口コミ

サブマリンアドベンチャーは、本物の魚が泳いでいて水族館のよう!乗り物は大人には若干狭い気がしましたが、海底にあるレゴブロックのオブジェを見つけるのが面白く、乗ってしまうと狭さなんて忘れて家族で楽しめました。(咲楽レポーター現地取材:アヤコさん体験口コミ)

体験者口コミ

幼児でも乗れるアトラクションがあり家族で満喫しました。アトラクション以外にも見て楽しめるスポットが多いので嬉しい! (咲楽レポーター現地取材:mayumiさん体験口コミ)

《今注目はコレ》レゴ®ブロックを使って創造性・社交性・芸術性を育むことができる施設 「レインボー・デザイン・スタジオ」 がオープン!

「創造性を育む」「社交性を育む」「芸術性を育む」の3つをコンセプトに、レゴ®ブロックの持つ無限の可能性を楽しく学ぶ新体験ワークショップ「レインボー・デザイン・スタジオ」がレゴ®シティにオープン!

パステルカラーがかわいい施設内では、レゴ®フレンズの物語に登場するカメラやアクセサリーを作る『レゴ®フレンズチャレンジ・ワークショップ』、縦1.8m×横3.8mの巨大な「レゴ®ドッツ・ウォール」をキャンバスに思いのままを表現する『アイデアをカタチに!レゴ®ドッツ・ウォール』、丸い突起で点字を表現し、自分の名前を作り、自己紹介し合う『点字ワークショップ』の3つを体験できます。

レゴ®ブロックを使った体験施設
画像提供:レゴランド®・ジャパン
2022年春オープン「レインボー・デザイン・スタジオ」
レゴ®・ドッツを使ったワークショップ
画像提供:レゴランド®・ジャパン
レゴ®ブロックとレゴ®ドッツで自由に作ろう!
体験内容が充実したレゴランド®・ジャパン
画像提供:レゴランド®・ジャパン
キャンバスはひと際目を惹く「レゴ®ドッツ・ウォール」
レゴランドの新誕生エリア
画像提供:レゴランド®・ジャパン
2種類のワークショップと レゴ®ドッツ体験

新体験ワークショップ「レインボー・デザイン・スタジオ」
■参加料/無料(入園料別途)
■予約/事前予約制(一部予約不要)
レゴ®フレンズの物語に登場するアクセサリーを作ったり、巨大ウォールアートに挑戦したり、点字を表現したり、 2種類のワークショップと新しいレゴ®ドッツ体験ができます。

もちろんアトラクションも!夏休みはびしょ濡れ注意ウォーター系アトラクションを遊び尽くす

暑くなってきたら、やっぱりウォーター系アトラクション♪「スクイッド・サーファー」はびしょ濡れ注意のアトラクション。水上のジェットボートをうまく操縦して、発射される海底ボムからすばやく身をかわそう。サメや海賊が待ち受けている海を海賊船に乗って進む「スプラッシュ・バトル」は、それぞれの船に水鉄砲があり、他の船や陸から容赦なくびしょ濡れ攻撃が降り注ぐので気を付けて!

レゴランドジャパンの夏に人気のアトラクション
画像提供:レゴランド®・ジャパン
夏に乗りたい「スクイッド・サーファー」
夏休みのファミリーレジャーに
画像提供:レゴランド®・ジャパン
びしょ濡れ注意「スプラッシュ・バトル」

大人も満足!人気アトラクション「レゴ®ファクトリーツアー」

「レゴ®ファクトリーツアー」は、レゴ®ブロックがどのように作られているのかを、実際に工場見学しながら学べるアトラクション。アトラクションの最後には、工場で作られたレゴ®ブロックを1人1個プレゼント!貰えるブロックのデザインは季節やイベントによって異なるため、何度も体験してブロックを集めているファンの方も多数。

親子で楽しめるレゴランドの人気アトラクション
画像提供:レゴランド®・ジャパン
大人も楽しめる「レゴ ファクトリーツアー」
レゴランドジャパンのファクトリーツアーでもらえるレゴブロック
画像提供:レゴランド®・ジャパン
季節によって異なるデザインの限定ブロックをプレゼント

写真を撮りたくなる可愛さ!食べ歩きフードメニューが充実

パーク内では、定番グルメ「レゴ®ポテト」をはじめ、見た目もかわいくて食べ歩きにピッタリなフードが充実!アトラクションを楽しむも良し、パーク内を散策するも良し、限定グルメを楽しむも良し!開業5周年を迎えた「レゴランド®・ジャパン」から、ますます目が離せません!

レゴランドはフードメニューが充実
画像提供:レゴランド®・ジャパン
写真を撮りたくなる可愛さ「レゴポテト」500円
レゴランドジャパンは食べ歩きグルメも人気
画像提供:レゴランド®・ジャパン
シェフのおすすめ「ブリックハウスバーガーセット」1,700円
レゴ®ブロックの世界観を楽しめるファミリーテーマパーク
レゴランド®・ジャパン

レゴランドジャパン

愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2-1

アクセス:【車】伊勢湾岸自動車道「名港中央IC」すぐ 【公共交通機関】あおなみ線「金城ふ頭駅」から徒歩5分

0570-05-8605
10:00~(閉館時間は日によって異なる)※HP参照
不定休 ※HP参照
[1DAYパスポート](ピーク期)大人5,700円~、子ども3,700円~(オフピーク期)大人4,600円~、子ども3,400円~
無(近隣有料駐車場有)
https://www.legoland.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

9 + six =