愛知県|蒲郡市|海陽町|プール特集|
ラグーナテンボス ラグナシア プール

★ 【最新版】愛知名古屋近郊 夏休みプール★

昼も夜も水着のまま遊べる!海のテーマパーク「ラグナシア」で、一日中遊び尽くす!

今年も「ラグーナテンボス・ラグナシア」のプールの季節がやってきた!水着のまま遊園地のアトラクションにも乗れるので、最高の夏気分を味わえる♪
(画像提供:ラグーナテンボス)

プールDATA
■営業日 
2023年6月3日(土)~9月23日(土祝)
■料金
プール入園(入園+プール利用(昼))中学生以上 3,400円~、小学生 1,800円~、幼児(3歳以上)1,300円~
※詳細は公式サイトにてご確認ください
■プールの種類 
ジョイアマーレの浜辺(波のプール)/ウロボロスの河(流れるプール)/ルナポルト(センタープール)/ゼウスの稲妻(ウォータースライダー)/ジュラグーン(ウォーターアトラクション)/セイレーンの泉(温水ジャクジー)

ナイトプールDATA
■営業日
2023年7月8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)、7月22日(土)~8月31日(木)、9月2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)
■料金(※17:00からの入園+プール利用(夜))
中学生以上2,350円~、小学生1,400円~、幼児(3歳以上)1,000円 
※詳細は公式サイトにてご確認ください

【その他規定】プール開催日程、営業時間の情報は都度更新されますので、詳細はHPで確認してください。※悪天候やショー運営に伴い、一部アトラクションを運休する場合がございます。

豊かな自然に囲まれて、広大な三河湾が一望できる愛知県蒲郡市。テーマパーク、グルメ、ショッピング、宿泊など様々な魅力であふれる複合リゾート施設「ラグーナテンボス」。その中にある海のテーマパーク「ラグナシア」では、今年も夏の風物詩でもある屋外プールをOPEN!波のプール、流れるプール、ウォータースライダー、キッズプールなど、子どもから大人まで楽しい仕掛けがたくさん詰まった、全6種類のプールを満喫できます。

また、「ラグナシア」のプールエリア周辺にはアトラクションがいっぱい!プールで遊んだ後、水着のままアトラクションも楽しめます。そして、夜には幻想的にライトアップされた「ナイトプール」へ大変身!イベント開催日には、プールエリアから豪華な花火ショーも観覧できるなど、昼も夜も1日中プールで遊べるのが魅力です。

「ルナポルト」/普段は、水辺の景色がキレイなスポットとして噴水ショーなど行われている場所が、夏は突如巨大プールに様変わり。
(画像提供:ラグーナテンボス)

日本最大級の大波が立つ「大波タイム」に大興奮!「ジョイアマーレの浜辺」(波のプール)

大波が立つジャンボプール「ジョイアマーレの浜辺」。浜辺をイメージした巨大プールでは、最大波高1mの波が発生する「大波タイム」が用意されており、まるで本物の海で泳いでいるような感覚を味わえます。

「ジョイアマーレの浜辺」/本物の海にいるような感覚が楽しめる。
(画像提供:ラグーナテンボス
「ジョイアマーレの浜辺」/最大波高1mの大波タイムに大はしゃぎ!
(画像提供:ラグーナテンボス)

景色を眺めながら、穏やかに流れるひと時を満喫できる「ウロボロスの河」(流れるプール)

ラグナシアの建物や橋をくぐり抜けていく、全長約230mの流れるプール「ウロボロスの河」。浮輪に乗って流れるように身を任せながら、ゆったりとしたプールタイムを過ごせます。また、ラグナシアの美しい景観を眺められるのも魅力のひとつ。

「ウロボロスの河」/全長230mゆったり河のように流れるプール。
(画像提供:ラグーナテンボス)
「ウロボロスの河」/浮輪を浮かべて、プカプカ漂うのも楽しい。
(画像提供:ラグーナテンボス)

爽快びしょぬれ水中エクササイズ「スプラッシュビクス」開催!「ルナポルト」(センタープール)

「ルナポルト」エリアでは、プールに入りながらエアロビクスが楽しめる「ラグナビクス」がさらにパワーアップし、「SPLASH BICS(スプラッシュビクス)」としてリニューアル!噴水の水しぶきを浴びながら、びしょぬれになって水中エクササイズを楽しめます。

また、音楽に合わせて噴水があちらこちらと色んな角度に吹き上がる、迫力満点の噴水パフォーマンスもパワーアップして登場!噴水は1時間に1回上がるのでお見逃しなく!こちらもプールに入りながら、びしょぬれになって思いっきり水遊びが楽しめます。

ナイトプール開催時は水と照明(光)が壮大な空間を演出!夜ならではの、幻想的でロマンティックなムードを満喫してみては。

「ルナポルト」/噴水の水しぶきを浴びて、爽快びしょぬれエクササイズ「スプラッシュビクス」
(画像提供:ラグーナテンボス)
「ルナポルト」/子どもも大人も楽しめるセンタープール。休憩スペースは有料日陰エリアを利用可。(※詳細はHPへ)
(画像提供:ラグーナテンボス)

地上約15mから滑降!回転を効かせた、スリル満点の興奮が楽しめる「ゼウスの稲妻」(ウォータースライダー)

地上約15mの神殿遺跡から回転しながら水の中へ飛び込むウォータースライダー「ゼウスの稲妻」。全長約100mの長さを、猛スピードで水しぶきを上げて一気に滑り降りるスリルと爽快感は、何度でもチャレンジしたくなる面白さ!(※身長120㎝以上の方に限ります。)

「ゼウスの稲妻」/レジャープールのアトラクションといえば、やっぱりウォータースライダーにきまり。スリル満点の楽しさを体験してみよう!
(画像提供:ラグーナテンボス)

冷えた体を温めてリラックスできる癒しのスポット「セイレーンの泉」(温水ジャグジー)

水着のまま入れる温水ジャグジー「セイレーンの泉」。少し休憩したい時には、体を温めてリラックスできる癒しのプール。会話を楽しみながらゆったりと過ごせます。

「セイレーンの泉」/冷えた体を温められる温水ジャグジー。夜のライトアップも癒される。
(画像提供:ラグーナテンボス)

恐竜や動物のオブジェ、アスレチックなど楽しみがいっぱい!キッズプール「ジュラグーン」(ウォーターアトラクション)

こちらのキッズプール「ジュラグーン」は、子どものワクワクや好奇心をくすぐる仕掛けがいっぱい!話題の恐竜スライダー「ギガヘッド」(8/31迄)は子どもたちに大人気!(※身長120㎝以上[履物を脱いだ状態]、120㎝未満3歳以上の場合は、高校生以上の保護者同伴で利用可)。体を思いっきり動かして遊べるアスレチックも楽しめます。

「ジュラグーン」/巨大恐竜のふわふわスライダー「ギガヘッド」。
(画像提供:ラグーナテンボス)
「ジェラグーン」/体を動かして遊べるアスレチックも人気。
(画像提供:ラグーナテンボス)

■レンタルグッズ 浮き輪(有料)
■グッズ持ち込み OK(浮き輪、ビーチボール、水鉄砲、ボディーボード[※リーシュコードを外して、浮き具として利用可能])
■スイムキャップ なしでもOK
■水遊び用オムツ着用利用 OK
■スライダー身長制限 身長120㎝以上
■売店・レストラン あり
■ロッカー 有料(パーク内は100円返却式)

三河湾を一望できる海の複合型リゾート施設
ラグーナテンボス(ラグナシア プール)

ラグーナテンボス ラグナシアプール

愛知県蒲郡市海陽町2-3

アクセス:【車】<名古屋方面から>東名高速道路音羽蒲郡ICよりオレンジロード・247号中央バイパスを経由し、以降直進。<静岡方面から>東名高速道路豊川ICより、国道151号線を経由し、以降道路標識に順じて。【公共交通機関】<JRの場合 名古屋方面から>名古屋~<快速>蒲郡 ※蒲郡駅より無料シャトルバス運行中。<JRの場合 静岡方面から>浜松~<普通>豊橋~<普通>三河大塚 ※三河大塚駅より路線バス ※バス停「ラグーナ蒲郡」

0570-097117 (ラグーナテンボス)
10:00~20:00 ※曜日や季節により異なる
公式ホームページにてご確認ください
入園券のみ:中学生以上2,250円~、小学生1,300円~、幼児(3歳以上)800円 ※プールパスポートやアトラクションパスポートは別料金設定 ※特別営業日は料金が異なる ※詳細は公式サイトにて
有(有料)
https://www.lagunatenbosch.co.jp/index.html

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Masako.M

SAKURA編集部_Masako.Mです!
日常の中で、楽しさを発掘することが得意です♪
大自然も大都会も、どちらのライフスタイルも好きで、これから両方の楽しみ方をもっと極めていこうと思っています。

よかったらシェアしてね!

いいね👍体験口コミ

コメントする

five × two =