【最新版】愛知長久手に2022年11月1日オープン!ジブリパーク最新情報をエリア別に大公開

2022年愛知県に開園ジブリパーク
既存の公園施設の森や道がそのまま残るジブリパーク。自分の足で歩いて、風を感じながら、ジブリ作品の世界観を楽しめる ⓒ Studio Ghibli

2022年11月1日、愛知県長久手市に誕生した「ジブリパーク」。着ぐるみやアトラクションのあるテーマパークとは異なり、自然を生かし、もともとある環境を最大限に活用して造られることでも話題になっています。開園までもうすぐ、スタジオジブリ作品の世界観を楽しめるジブリパーク全5エリアの情報を徹底公開!

Contents

愛・地球博記念公園「モリコロパーク」内に開園!

ジブリパークができるのは、2005年に開催された愛知万博(長久手会場)の跡地に造られた「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」の敷地内。

東京ドーム約42個分にもなる約194haの面積を誇る愛・地球博記念公園の園内には、愛知万博の時に人気を博したサツキとメイの家や、東海地方最大級規模の大観覧車、大芝生広場、お花畑、アイススケート場、サイクリングコースなどがあり、四季折々の自然を感じながらゆったりと過ごせます。

ジブリパークが開園する愛地球博記念公園
愛・地球博記念公園の今ある豊かな自然を活かしながら作られるジブリパーク
(画像提供:愛・地球博記念公園管理事務所)

愛・地球博記念公園の自然と調和!スタジオジブリ作品の世界観を堪能できる全5エリア

ジブリパークは、点在した5つのエリアで構成されます。自分の足で森や小道を歩き、風や自然を感じながら主人公になった気分で作品の世界観を堪能できます。2022年11月に、①青春の丘、②ジブリ大倉庫、③どんどこ森 が第1期オープン。その1年後の2023年秋に ④もののけの里、2024年3月に ⑤魔女の谷 が第2期オープン。入場料金はエリアごとの設定となります。

2022年愛知県に開園ジブリパーク
約194haの面積を誇る愛・地球博記念公園内。ジブリパークは点在した5つのエリアで構成される
愛知県に開園するジブリパークしおり
2022年11月1日に「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」がオープン

『天空の城ラピュタ』などに見られる19世紀末の空想科学的な世界をイメージしたエレベーター塔

5つのエリアより一足早くオープンしたのが、ジブリパークへの入り口の一つとなる高さ約28mの「エレベーター塔」。この塔はもともと愛・地球博記念公園にあったもので、『天空の城ラピュタ』などの舞台設定で参考となった19世紀末の空想科学世界をもとにデザインされています。こちらは無料で利用できるので、園内を散策した際にぜひ立ち寄ってみましょう。よく見ると細部に「秘密」がちりばめられているとか!

2022年11月1日 に「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」が第1期オープン

①青春の丘】 ジブリパークへの玄関口

世界観を楽しめる作品『耳をすませば』『猫の恩返し』
★2022年11月1日オープン(広さ約0.8ha)

愛・地球博記念公園の北口広場を抜け、最初に出迎えてくれる「青春の丘」。ここでは『耳をすませば』『猫の恩返し』の世界観が表現されています。

2022年愛知県に開園ジブリパーク
公園の北口広場すぐのところにある「青春の丘」 ⓒ Studio Ghibli

エリア内は平成初めの住宅地をイメージ。『耳をすませば』に登場するアンティーク家具や時計の修理・販売を行う店「地球屋」が建築され、同作に登場する「ロータリー広場」も整備。電話ボックスや掲示板に電話機や貼り紙などが設置され、作品の中に入り込んだような、どこか懐かしい雰囲気を体感できます。

2022年愛知県に開園ジブリパーク
「地球屋」のベランダからは園内を一望できる! ⓒ Studio Ghibli

さらに、『猫の恩返し』に登場する「猫の事務所」の家具や小物などが、ミニチュアサイズの”猫目線”で再現されます。青春の丘には「エレベーター塔」もあり、ジブリパークの目印としてスタジオジブリの世界へ導きます。

『耳をすませば』の主人公・月島雫は14歳、『猫の恩返し』の主人公・吉岡ハルは17歳。エリア名の青春の丘は、青春真っ只中の彼女たちと、愛知青少年公園時代に管理棟があったことに由来しているようです。

①青春の丘  エリア情報
■チケット料金/【全日】大人1,000円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
■定員・日時指定/入場時間9:00(平日10:00)~ 16:00
・30分ごとに60人/枠ずつ入場(退場時間の制限なし)
・入場時間枠【休日】【平日休】15枠/日 【平日】13枠/日
・指定の入場時間枠であれば、いつでも入場可
・エレベーター塔はチケットがなくても利用可
※【平日休】は夏休み・冬休みなど学校の長期休暇期間の平日のこと

②ジブリの大倉庫】 ジブリパークのメインエリア

世界観を楽しめる作品『借りぐらしのアリエッティ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』など
★2022年11月1日オープン(広さ約0.8ha)

2018年に営業終了した温水プールの空間を活用する「ジブリの大倉庫」。大倉庫という名前にふさわしく、大きな箱の中に素敵なもの、怪しげなものがごちゃごちゃと混ざった不思議で楽しい空間へと生まれ変わります。『借りぐらしのアリエッティ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』などの世界観を楽しめます。

2022年愛知県に開園ジブリパーク ジブリの大倉庫
「ジブリの大倉庫」内は、作品展示や子どもたちが遊べる部屋、映像展示室、カフェやショップなど盛りだくさん! ⓒ Studio Ghibli

ジブリの大倉庫内は、倉庫らしさと懐かしさを感じられる和洋折衷の建築空間をイメージ。常設展示室(5室)、企画展示室、映像展示室(約170席)、カフェ棟などで構成されています。

『借りぐらしのアリエッティ』がモチーフとなる空間には、アリエッティやその家族が暮らす家と、彼女たちの目線で見た植物の茂る庭が大きなセットで表現されています。『天空の城ラピュタ』がモチーフとなる空間には、廃墟となったラピュタの庭園「天空の庭」や、「空飛ぶ巨大な船」を全長約6mのスケールで表現。子どもたちが自由に遊べる空間として『となりのトトロ』の「ネコバスルーム」や「こどもの街」も作られています。

2022年愛知県に開園ジブリパーク
ジブリの秘密がいっぱいつまった大倉庫へ入ってみよう ⓒ Studio Ghibli

館内は、2階から入っていったん1階に下がり、ぐるぐる回って2階から出る構造になると発表されています。ジブリの大倉庫は、ジブリパークの建物の中で一番広く、全部を回覧するには2~3時間かかるそう。屋内なので、天候を気にせずゆったりと見学できそうですね!

②ジブリの大倉庫  エリア情報
■チケット料金/【平日・平日休】大人2,000円、4歳~小学生1,000円、3歳以下無料 【休日】大人2,500円、4歳~小学生1,250円、3歳以下無料
■定員・日時指定/入場時間9:00(平日10:00)~ 15:00
・1時間ごとに300人~800人/枠ずつ入場(退場時間の制限なし)
・入場時間枠【休日】【平日休】7枠/日 【平日】6枠/日
・指定の入場時間枠であれば、いつでも入場可
※【平日休】は夏休み・冬休みなど学校の長期休暇期間の平日のこと

③どんどこ森】 サツキとメイの家と自然空間

世界観を楽しめる作品『となりのトトロ』
★2022年11月1日オープン(広さ約1.8ha)

『となりのトトロ』の中で、サツキとメイの蒔いた種が、早く芽を出すようにと、夜、トトロと一緒に踊る“どんどこ踊り”から名付けられた「どんどこ森」。愛・地球博記念公園の中でも緑いっぱいの自然豊かな場所に作られ、昭和の田園景観が表現されています。

2022年愛知県に開園ジブリパーク どんどこ森
サツキとメイの家で『となりのトトロ』の世界へ  ⓒ Studio Ghibli

どんどこ森の中心となるのは、白い壁と赤い屋根が特徴の「サツキとメイの家」。裏山の森には散策路が整備されるほか、全長約80mのスロープカーや、あのキャラクターを模した高さ約5.2mの木製遊具「どんどこ堂」が登場。小学校低学年の子どもたちが中に入って遊べるかわいい遊具です。

2022年愛知県に開園ジブリパーク どんどこ森
裏山の頂上で待っている「どんどこ堂」 ⓒ Studio Ghibli

建物や遊具はもちろん、周辺の自然に目を向けて見るのもジブリパークの楽しみ方の一つです。四季折々の風景をダイレクトに感じられる裏山は、登ってみるといろいろな再発見がありそうですね。

③どんどこの森  エリア情報
■チケット料金/【全日】大人1,000円、4歳~小学生500円、3歳以下無料
■定員・日時指定/入場時間9:00(平日10:00)~ 16:00
・「サツキとメイの家」は、30分ごとに50人/枠ずつ入場(退場時間の制限なし)
・指定の入場時間枠であれば、いつでも入場可
※「どんどこ堂」や散策路等がある裏山(山頂部)は、チケットをお持ちの方は当日いつでも入場可
※ 天候や日没時間により閉場時間を早めることがあります
※【平日休】は夏休み・冬休みなど学校の長期休暇期間の平日のこと

2023年度には「もののけの里」「魔女の谷」が第2期オープン予定

④もののけの里】『もののけ姫』の世界観で体験学習

世界観を楽しめる作品『もののけ姫』 
★2023年秋オープン予定(広さ約0.8ha)

「もののけの里」は2023年秋にオープン予定。『もののけ姫』の主人公アシタカが住んでいた、縄文的文化を残す「エミシの村」と、製鉄民の共同体「タタラ場」をもとにした和風の里山的風景をイメージして造られます。

2022年愛知県に開園ジブリパーク もののけの里
のどかな里山の風景が広がる、2023年秋にオープン予定の「もののけの里」 ⓒ Studio Ghibli

愛・地球博記念公園内には、農の営み、先人の知恵、自然の循環をキーワードにして里山づくり活動を行う「あいちサトラボ」という施設があります。「もののけの里」はこの里山の風景と一体となって整備。「タタラ場」をイメージした建物は体験学習施設になり、来場者自ら体験できるプログラムが予定されています。吹き抜けで平土間があり、隣には炭焼き小屋も作られます。

サツキとメイの家の隣にあった旧管理棟は、もののけの里に移築され、休憩施設になります。広場にはタタリ神や乙事主をモチーフにしたオブジェが作られるとのこと。

2022年愛知県に開園ジブリパーク もののけの里
「タタラ場」完成イメージ ⓒ Studio Ghibli

また、「もののけの里」近くの芝生広場には、『猫の恩返し』の「猫王の城」をモチーフにした迷路や滑り台、ターザンロープといった大型遊具の設置が予定されています。パークのチケットを持っていなくても利用可能で、子どもたちが楽しめるようリーズナブルに遊べるスポットになるようです。

④もののけの里 エリア情報
未公表

【⑤魔女の谷】 スタジオジブリ作品の展示・遊び・休憩の複合空間

世界観を楽しめる作品『魔女の宅急便』『ハウルの動く城』
★2024年3月オープン予定(広さ約2.9ha)

ジブリパークで最後にオープンするのが「魔女の谷」。ここでは、“魔法”がテーマになった『魔女の宅急便』『ハウルの動く城』などの世界観が表現されます。スタジオジブリ作品の体験を通した展示や遊び、休憩所として利用できる複合空間が予定されています。

2022年愛知県に開園ジブリパーク 魔法の谷
「魔女の谷」は 展示・遊び・休憩の複合空間  ⓒ Studio Ghibli

北ヨーロッパ風の空間が表現されるエリア内には、『ハウルの動く城』に登場する「ハウルの城」、ソフィが働く「ハッター帽子店」、『魔女の宅急便』に登場する「オキノ邸」「グーチョキパン屋」などが作られます。

「ハウルの城」は高さ約15mもあり、ビルでいうと4~5階に相当する施設。目玉のように大砲が動く仕組みがあるほか、内部に入ってハウルの寝室などを鑑賞できます。「オキノ邸」は主人公キキの実家で、「グーチョキパン屋」はキキが働くおソノさん夫婦のお店。老若男女問わず人気の作品だけに、こちらも人気のエリアになりそうです。

2022年愛知県に開園ジブリパーク 魔法の谷
「ハウルの城」完成イメージ  ⓒ Studio Ghibli

「魔女の谷」は、当初2023年秋のオープンを予定していましたが、ヨーロッパの建築をモデルとした木造建築物を表現するため、主要部の材料として使われる広葉樹の調達に時間がかかることから、オープンは2024年3月(予定)へと変更になりました。ジブリパーク最後のエリアとなるため、ますます注目を集めそうです。

⑤魔女の谷 エリア情報
未公表

ジブリパークは日時指定の予約制、2月入場分から先着販売になります!

気になるジブリパークのチケットは、オンラインチケット販売「Boo-Woo(ブーウー)チケット」で、エリアごとに日時を指定して申し込む必要があります。(申し込み多数の場合は抽選(1月入場分まで))。各エリアの情報をしっかりとチェックして、行きたいエリアを予約しましょう。できれば1日1エリアをじっくりと楽しみたいところ。愛・地球博記念公園の森や小道を歩き、風や自然を感じながら、主人公になった気分でスタジオジブリ作品の世界観を堪能しましょう。

公式サイトでは宮崎吾朗描き下ろし“大さんぽのしおり”をデジタル配布!

愛知県に開園するジブリパークしおり
大さんぽのしおり ⓒ Studio Ghibli
愛知県に開園するジブリパークしおり
大さんぽのしおり ⓒ Studio Ghibli
2022年11月開園!スタジオジブリ作品の世界観を楽しめる
ジブリパーク

ジブリパーク

愛知県長久手市茨ケ廻間 乙 1533-1
アクセス:【公共交通機関】東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園駅」から徒歩1分

052-954-6874(愛知県政策企画局ジブリパーク推進課 調整グループ)
【平日】10:00~17:00(※学校の長期休暇期間の平日は9:00~17:00)【土日祝】9:00~17:00
火曜 ※学校の長期休暇期間は営業 ※年末年始及びメンテナンスなどの指定日
●ジブリの大倉庫/【平日】大人 2,000円 子ども(4歳~小学生) 1,000円【土日祝】大人 2,500円 子ども(4歳~小学生) 1,250円 ●青春の丘/【全日】大人 1,000円 子ども(4歳~小学生) 500円 ●どんどこ森/【全日】大人 1,000円 子ども(4歳~小学生) 500円 
※3歳以下は入場無料
※平日、土・日・休日ともすべて日時指定の予約制(入場時間のみ指定、入れ替え制ではありません)
※どんどこ森の「散策路」のみ、入場時間の指定なし(当日限り)
※別途、発券にあたりシステム利用料(1枚につき110円)が必要
https://ghibli-park.jp/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

four + 15 =

Contents
閉じる