愛知県|名古屋市|中区|花火大会・夏祭り特集|
にっぽんど真ん中祭り

★ 【最新版】 愛知名古屋近郊の花火大会・夏祭り2022★

踊り・祭りのチカラで地域を元気に!2022年のどまつりは市街地とオンラインのダブル開催

名古屋の夏の風物詩どまつり
今年も、熱く、美しい演舞が繰り広げられる久屋大通公園会場メインステージ。
(画像提供: 公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団 )

2022年8月26日(金)~9月4日(日)
・市街地開催:8月26日(金)~28日(日) 
・オンライン開催:9月1日(木)~4日(日)

■日程・会場/
①8月26日(金)17:00~21:00(久屋大通公園会場メインステージ)
②8月27日(土)10:00~21:00(久屋大通公園会場メインステージ他)
③8月28日(日)10:00~21:00(久屋大通公園会場メインステージ他)
④9月1日(木)16:00~21:00(オンライン)
⑤9月2日(金)11:00~21:00(オンライン)
⑥9月3日(土)9:00~21:00(オンライン)
⑦9月4日(日)9:00~21:00(オンライン)

見どころはココ!
■2019年度の受賞チームが勢揃いする前夜祭 8月26日(金)
■2020-21年度の受賞チームの競演で、ファイナルコンテストへの切符をかけた熱い演舞ファイナルシード決定戦 8月27日(土)
■どまつり大賞(内閣総理大臣賞)をかけて白熱するファイナルコンテスト 8月28日(日)

日本のど真ん中、真夏の名古屋を舞台に繰り広げられる日本最大級の踊りの祭典、にっぽんど真ん中祭り(通称:どまつり)。国内外から集結する各チームが、地域色豊かな踊りを披露する、市民が主役の祭りです。コンセプトは「観客動員ゼロ=全員参加型」。参加者も観客も一緒に踊りが楽しめる、どまつり名物「総踊り」では、2010年にギネス世界記録™ “世界一の総踊り”として認定されました。

2022年のどまつりは、延べ7日間2週にわたって、リアル(市街地)とオンラインで楽しめるダブル開催。市街地参加チーム163チーム、オンライン参加チーム約350チーム(7月に確定)が参加予定です。

にっぽんど真ん中祭り
各チームの華やかな衣装や小物も見どころの一つ。
(画像提供: 公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団 )

手探りの中で始め、苦労の連続だったオンライン配信「テレどまつり」

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年に手探りの中始まった、オンライン配信「テレどまつり」。オンライン開催は、運営側も手探りだったため、準備段階から失敗続きだったと言います。感染拡大対策のために、リアル開催の代替策として実施したテレどまつりは、当初は消去法とも受け取れる決断でした。

しかし、参加チームが集まるにつれ、これまでに無いような期待を感じ、テレどまつりには大きな可能性が秘められていることに気づかされたそう。2021年の第23回にっぽんど真ん中祭りは、オンラインを基軸としたテレどまつりが開催されました。

テレどまつりは、時間と場所を共にできない環境を逆手にとって生まれたもの。いつでも、どこでも、誰でも、どのような環境でも、自由に参加できる、まさに「多様性の証」。これまでのにっぽんど真ん中祭りが大きく進化するキッカケにもなったと言います。

名古屋の夏イベントにっぽんど真ん中祭り
市街地開催はもちろん、会場の熱気がそのまま伝わるオンライン開催「テレどまつり」にも注目。
(画像提供: 公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団 )

2022年のどまつりのキャッチフレーズは「会う、贅沢。」「おうちで楽しむ、贅沢。」――楽しみ方も二刀流。

どまつりが持つ無限の可能性を感じた特別な2年間。テレどまつりでの経験を活かし、今年2022年は、リアルな市街地開催と、オンライン開催のダブル開催が決定しました。新たに生まれたテレどまつりは、踊る人も、見る人も、リアルに会えなくても、時と感動を共有できて、祭りの‟非日常性”をも感じられる、まさに第二の「どまつり」です。キャッチフレーズ【「会う、贅沢。」「おうちで楽しむ、贅沢。」――楽しみ方も二刀流。】 をモットーに、新たなスタイルで名古屋の街が盛り上がります。

夏の名古屋が盛り上がるにっぽんど真ん中祭り
市民が主役になる一大エンターテイメント!
(画像提供: 公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団 )

主催者よりメッセージ
いつまでも変化しない「本質的」なものを忘れずに、新しい変化を重ねながら取り入れていくこと―――。にっぽんど真ん中祭りはこれからも、本質を常に見つめて、進化し続ける祭りでありたい。2022年、この2年余りで皆さまと一緒に培った財産をしっかりと次代に繋げていきます。初参加チームも、今年の夏のどまつりに、どうぞご期待ください。

舞台は真夏の名古屋!日本最大級の踊りの祭典
第24回 にっぽんど真ん中祭り

ニッポンドマンナカマツリ

愛知県名古屋市中区栄3丁目 (久屋大通公園メインステージ)

アクセス:【公共交通機関】地下鉄「矢場町駅」下車すぐ(久屋大通公園メインステージ)

052-241-4333 (公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団)
https://www.domatsuri.com/

※情報はページ上の更新日現在のものです。取材時と一部内容が異なる場合があります。

当情報のアップデートや修正提案はこちら

当情報に関する体験口コミコメントを見る、または投稿する


この記事を書いた人

SAKURA編集部_Megumi.Iです!初めての街や初めてのお店ってワクワクしますよね。暮らしに役立つ情報を通して、そんな素朴なワクワクをお届けできるように頑張ります(^^)

よかったらシェアしてね!

体験口コミコメント

コメントする

3 × two =